金沢コトポロン *** カフェ+竹芸ギャラリー 喫茶竹屋 ***

こちらは、兼六園のそばにある小さな喫茶店 「竹屋」です 。 古都・金沢でみつけた日々の “とっておき” を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

和菓子三昧 

先月の兼六園茶会で7社中まわり、
さまざまな和菓子をいただくことができました。

金沢のお菓子は美味しいといわれているそうですが、
和菓子といえば、京都もレベルが高そう。

うーん。
そういえば、京都に住んでいたときは
上生菓子をあまり食べたことがなかったような。

せっかく和菓子づいているので、
京都日帰り和菓子旅を敢行してきました。

吉富今日庵


最初は「俵屋吉富 小川店」のサロンへ。
裏千家の道場「今日庵」(画像右側)のそばにあります。

静かで、こじゃれた店内。
わたしは栗のきんとん、友人は薯蕷(じょうよ)饅頭を頂きました。
控えめな甘さが私好み。
とても美味しかったです。

やわらかいきんとんは口どけがよいですが、
お茶会の席だと懐紙がへろへろになってしまいます。
こういう茶寮だからこそ味わえるのかな、と思いました。

  ほうせん

次に訪れたのは、「茶寮 宝泉」。

日本庭園を眺めながらゆっくりできるとあって、
閑静な住宅街の中にありながら、お待ち席は人でいっぱい。

お茶請けについてきた「しぼり豆 丹波 黒大寿」がヒットでした。

  瀟月

最後はカフェ「せせらぎ すへら」へ。

お目当ては、「嘯月セット」(1100円)。

きんとんが有名な完全予約制の和菓子店「嘯月(しょうげつ)」さんの
和菓子がこちらでもいただけるのです。
こちらでも、事前に予約しておきました。

繊細で儚げなたたずまい。
こんな芸術的なきんとんは初めてです。
手間がかかっている分、大切に食べなくては。
栗の形をした薯蕷饅頭も、くりっとして可愛い。


お店によって、形や色づかい、甘さや食感はさまざま。
得意分野もあるでしょうし。
けっきょくのところ、
個人の好みということになってしまいますね。。。

金沢も京都。そんなに変わらないかも?
もう少し探究して、
お気に入りの逸品を探してみようと思います。
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/10/26 17:38 ] [ 編集 ]
やっぱり、いくら京都といえども、
ふだんから生菓子を食べている方は少ないのかな、
という気がしました。
注文するのは観光客かお茶をしてる人ぐらいかも?

だから、お土産向きの日持ちのする菓子に
力を注いでしまうのでしょうか。

俵屋吉富さんは、
大手菓子店なだけあって、よく研究されているのか、
いまの時代にあった甘さ控えめの菓子でした。
[ 2011/10/27 09:15 ] タケヤ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

たけや

Author:たけや
喫茶竹屋

住所  〒920-0912
     金沢市大手町6-1
    (金沢地方裁判所前)
TEL   076(221)5030
営業時間 火曜〜金曜 10:00~17:30
定休日 土・日・月曜、祝日
      
駐車場 2 台
※全席禁煙
※全13席、予約可、カード不可

facebookも随時更新中!




☆ランチタイム12:00~14:00
 ・温玉カレーセット1000円~
 ・オムライス800円 etc

☆水・木・金限定(12時~売切)
 竹屋のお昼ごはん定食 ご予約承ります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。