金沢コトポロン *** カフェ+竹芸ギャラリー 喫茶竹屋 ***

こちらは、兼六園のそばにある小さな喫茶店 「竹屋」です 。 古都・金沢でみつけた日々の “とっておき” を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとうございました。 


「くらしを編む 竹の手しごと展」は無事に終了いたしました。

お忙しい中、ひがし茶屋街までご来場いただきましたこと
心よりお礼申し上げます。

たった3日間でしたが、2日間きて下さった方も多く、
菓子ようじワークショプもおかげさまで大変好評でした。


9人9様、バラエティーに富んだ作品が集まり、
竹の魅力を多くの方に知って頂くことができました。

ただ並べるだけの作品展ではなく、暮らしの中での使い方を演出する
ディスプレーを心がけました。
そのおかげか、作品に心が宿り、会場が温かい雰囲気に包まれていたように思います。

会場となった久連波さんからは、早くも来夏の展示の話もいただいたりして。
それを聞いて、みんな作品づくりの意欲がむくむく。
また皆さまに楽しんで頂けるようにコツコツ制作に励みます。

本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

くらしを編む 竹の手しごと展@久連波 


19日より、ひがし茶屋街 久連波さんで始まった
「くらしを編む 竹の手しごと展」。
連日、とくに地元のお客様がたくさんご来場いただいております。

希少伝統産業工芸専門塾竹工芸コースの受講生9名による
さまざまな作品が並びます。
多種多様な作品が集まりましたので、なかなか見応えがあるのではないでしょうか。

展示
久連波さんは老舗呉服店「ゑり虎」さんが運営している茶房和雑貨店なので、
竹細工と反物との素敵なコラボも見どころです。

ワークショップ
大好評の菓子ようじ制作ワークショップ。
菓子ようじを作った後、それを使って吉はしのお菓子をいただくという内容。
女性に大人気でした。

吉はし
今回のイベントのために、吉はしさんが特別なお菓子を作ってくださいました。
ピンクのご銘は「かぐや姫」、緑のご銘が「竹取りの翁」。

ワークショップは予約不要、参加費1300円(お菓子とお抹茶付き)。

zaru.jpg
Sさんの六ツ目籠。お洒落なインテリアにもなりますね。

mobi-ru.jpg
竹のモビール。竹はしなやかなので、こんな表現もできちゃいます。

もっとお見せしたいのですが、ぜひご来場いただいてご覧ください。
1階はお茶の道具組み、茶籠3点、竹籠バッグ6点、
2階は花籠と花入れが9点ほど展示されています。

明日は最終日。16時までとなっております。
それにあわせて、竹屋も15時で閉店とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

魔法の美術館@金沢21美 


21世紀美術館で開催されている「魔法の美術館」に行ってきました。

見て、触れて、遊ぶ
光と影のワンダーランド


というキャッチコピーそのままに、デジタル技術を駆使した
あっ!と驚くメディア・アートが12つ紹介されていました。

影絵
緒方嘉人/五十嵐健夫 another shadow

魔法
森脇裕之 光の波紋


小学校で割引券が配布されているらしく、
親子連れが多いなか、大人でも十分楽しめる内容でした。

こんな技術を考え出すクリエーターさんはすごい!


会期は11月10日(日)まで。
入場料は、大人800円、小学生400円。


おしゃれメッセ2013 


連休中は、イベントの中心となった香林坊界隈、
たくさんの人で賑わいましたね。

ロンドン
四高記念館の広場で開催されたスイーツフェア。

一度賞味したかったロンドンカップケーキさんのケーキをゲット!
本場の甘さではなく、食べやすい優しい甘さでした。

21美
21美でのアートザマーケット。

年々、県内外から様々なジャンルのお店が増えています。

おしゃれメッセとナイトミュージアムは来週まで続きますが、
そろそろ落ち着く頃でしょうか。
来月はどんなイベントが繰り広げられるのか楽しみです。

月見行路 

今年の月見行路はバージョンアップしていますね。
以前からこんなでしたっけ?
エリアが広がって、見応え充分。
子供から大人まで、みんなに楽しんでもらう工夫がみられました。

市役所前
月見カフェ
市役所前。
こちらは大人なムード。
月見カフェが登場し、スタンディング席で大人が語らう姿が。

光と少年
少年
21美。子供に大人気でした。
オブジェに登ったり、飛び跳ねたり。子供の遊びに応えるこの頑丈さ。
素晴らしい仕事です。

月見
しいのき迎賓館。
金沢駅の鼓門をイメージした灯りが大中小点在。
ほかに、触ると色が変わるぼんぼりなど、
見て触れて楽しめる工夫があちこちで見られました。

新幹線開業に向けて、気合いが感じられるおしゃれメッセ2013。
来年はどこまで突き進むのでしょうか。楽しみですね。

プロジェクション・マッピング@しいのき迎賓館 

絶対に見なくては!と思っていた、
おしゃれメッセ2013の目玉プログラム「プロジェクション・マッピング」。

しいのき迎賓館をスクリーン代わりに、
いったいどんな映像が繰り広げられるのだろう・・・と期待大。

夕方からあいにくの雨模様でしたが、18時頃から雨が上がり
多くの人出でにぎわいました。

プロ3
金箔をイメージ。

プロ1
友禅や九谷焼の絵柄を連想しました。

プロ2
窓ガラスのパネルが鍵盤に!

プロ4
雅やかで絢爛。
金沢をそんなふうにイメージしてくれたのでしょうか。
7分間のプロモーションビデオを見ているようでした。

金沢人の見栄っ張りな一面を見せられた気もしましたが、
自分たちはこんなに素晴らしい、誇るべき文化を持っているのだ、
という感情が強烈にわき上がってきて。
感動しました。
ほんの少しですが、自分も工芸にたずさわり、金沢の文化を担っていることが
とても誇らしく感じたのでした。

友禅
加賀友禅オブジェは、しいのき迎賓館にて14日(月)まで展示中。



お披露目!加賀友禅オブジェ 


金沢のクラフト&ファッションの一大イベント、
「おしゃれメッセ2013」が始まりましたね(^u^)

なんと今年は、2つの関連事業に携わらせていただきました。

ひとつは、先日お知らせした竹細工の作品展。

もう一つは、加賀友禅オブジェ制作です。

加賀友禅がメインなのですが、友禅を引き立てる竹の波風フレームを
竹工芸研究会のメンバーと制作させていただきました。

記事
昨日、記者発表会にて初お披露目。

10月14日(祝月)まで、しいのき迎賓館のカフェ入口付近に展示中です。
その後、金沢駅ロビーや東京を巡回するもよう。
近くにお立ちよりの際は、ぜひ目にとめてみてください。


通常、竹は1本4.8mほどなのですが、竹を継いで5.2mにしたために、
継ぎ目の部分の処理に手間取りました。
多少のあらは、おおめに見てください。。。

主役はなんといっても、加賀友禅ですしね(^_^;)

チェリスト富田祥さん演奏会情報 


竹屋で「はつなつチェロコンサート」にご出演いただいた
チェリスト富田 祥さんの演奏会情報です。
芸術の秋、よろしければ足を運んでみてくださいね。


朗読交流会「一期一会2013」

日  時 2013年10月27日(日)
          開場 14時30分  開演 15時00分  終演 16時35分
会  場 石川県立音楽堂交流ホール
          石川県金沢市昭和20-1(金沢駅東口 徒歩1分)
入場料 無料(整理券発行)
出  演 四方 健二 金子 美奈(北陸朝日放送アナウンサー)
      富田 祥(チェロ奏者) 北陸グレース・マス・クワイヤ(ゴスペルグループ)


チェロ&ピアノ デュオコンサート@くらうど

日 時 2013年10月11日(金)
場 所 music inn くらうど(松雲寺内 090-3294-1978)
会 費 2000円
出 演 cello富田 / piano石冨絵里

《演奏予定曲目》
サン=サーンス 白鳥/ドヴォルジャーク 我が母の教えたまいし歌
ポッパー ハンガリアン・ラプソディー/黛敏郎 文楽
ピアソラ ル・グラン・タンゴ


 


お茶杓WORKSHOP  

金沢アートグミさんで茶杓づくりの教室をさせていただきました。

茶杓づくりのアシスタントは何度か経験していますが、
ひとりで教えるのは初めて。どきどき。
でも顔見知りのメンバーでしたのでやりやすかったです(^_^)

茶杓教室
やり始めると、たいがい無口になります。

うまくできるかな~。失敗させてしまったらどうしよう。。。
という心配は杞憂でした。
みなさん、私よりお上手でした!(ん?いいのか)

吉はし
最後に吉はしの和菓子とお抹茶を皆でいただきました。
私の分までありがとうございます。

この日作った茶杓は、金沢ナイトミュージアムの「まねびぃ茶会」で
さっそくお使いになるそうですよ。

機会があれば、またこちらでお茶杓WORKSHOP を開催するかも?
講師はわたしじゃなかったりして(笑)
竹屋で教室をやるのもいいけど、出張教室も楽しかったです♪

金沢城・兼六園大茶会 


週末は大忙しでした。

作品を使っていただいた社中の茶席をまわったり、
表彰式に出席したり、、、。
暑くてヘトヘトになりましたが、社中の方やお客さまの感想を聞けたので、
やはりお茶席に顔を出せて良かったです。

遠州流金沢兼六支部
こちらは5日、遠州流金沢兼六支部@松風閣のお席。
社中の方々が、山で摘んでこられた花々を見事に活けておられました。
さすがです。素晴らしいです。うれしいです。

表千家吉倉社中
6日の表千家 吉倉社中@時雨亭のお席。
大寄せの部屋はお床が広いので、大きめの花籠があいますね。
表彰式で吉倉先生に「あなたの使わせてもらったよ」
と声をかけられてびっくり。ありがとうございます。

写真
大きな楯。仏前に供えて報告。

今年の茶席は、ちょっとした異変がありました。
花籠の説明をされているときに、作者は橋本仙雪の孫、
という言葉を聞くようになったのです。
先生方には知られていないと思っていたので、
今までわりと気楽にいたのですが、そうはいかなくなりました。。。

ただ、これまでと変わらず地道に制作は続けていきますが、
自分の作品が認められることによって、
橋本仙雪の名前がでる機会が増えるのであれば、
頑張るしかないですね。
忘れてほしくありませんから。

目の肥えたお茶の先生方に使っていただけるように
来年はさらなる高みを目指します。


【10月の定休日】 


秋晴れがつづきますね!

10月の営業スケジュールをお知らせいたします。

今月も毎週末、イベントだらけですね。
どんどん街へ繰り出して、秋を満喫しましょうね!


【10月の定休日】

◎10月 6日(日)
◎   13日(日)、14日(祝・月)
◎   19日(土)、20日(日)
◎   26日(土)、27日(日)



[ 2013/10/02 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

お茶会日和 

9月後半は、毎年天気に恵まれている気がします。

日曜日は耕雲庵@中村記念美術館での社中のお茶会でした。

たくさんのお客様が来られるので心配していましたが、
清々しい秋晴れとなりました。

お床

恐縮にも、自作の花入れを使って頂くことに。
お花は、秋の定番といえる秋海棠、秋明菊、秋桜、水引、吾亦紅。
うちにあるもので揃えたので珍しいものもなく、
良くも悪くも、まるで自宅の庭を見ているようでした。。。

自分の花入れに、自分で選んだ花を、自分で活ける。
しかも、晴れがましい茶会で。
今回のことで、茶席でのお花の役割、お客様をお迎えする心構えを学ばせて頂きました。
自分にはまだ荷が重かったです。

花入れを作るヒントも得ることができたように思います。
お花を活ける側の気持ちを身をもって実感できました。

千代見草

主菓子は、吉はしの「千代見草」。
菊の別称です。
この栗あんの美味しさといったら! お客様から大絶賛でした。

干菓子

二服目の干菓子は、煎餅と三階松。


お点前を少しつまづいたのが悔やまれますが、
無事に終えた達成感を次回につなげたいですね。


金沢の茶文化を、これからも大切にしていきたと思います。

[ 2013/10/01 ] 日々の出来事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

たけや

Author:たけや
喫茶竹屋

住所  〒920-0912
     金沢市大手町6-1
    (金沢地方裁判所前)
TEL   076(221)5030
営業時間 火曜〜金曜 10:00~17:30
定休日 土・日・月曜、祝日
      
駐車場 2 台
※全席禁煙
※全13席、予約可、カード不可

facebookも随時更新中!




☆ランチタイム12:00~14:00
 ・温玉カレーセット1000円~
 ・オムライス800円 etc

☆水・木・金限定(12時~売切)
 竹屋のお昼ごはん定食 ご予約承ります。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。