金沢コトポロン *** カフェ+竹芸ギャラリー 喫茶竹屋 ***

こちらは、兼六園のそばにある小さな喫茶店 「竹屋」です 。 古都・金沢でみつけた日々の “とっておき” を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桂まん我さんきたる! 

当店主催の寄席にご出演いただいた、上方落語家の桂まん我さん。

まん我さんの恒例落語会「お笑いまん我道場」が、
12月4日(木)に21世紀美術館 シアター21で開催されます。

開場は18:00、開演は18:30~。
料金は前売り2500円、当日3000円です。

本来ならば、チケットぴあで購入しないといけませんが、
当店でご予約をいただければ、
コンビニへチケットを買いに行かなくても、
当日受付で前売り価格で入場することができます。

もし、「行きたい!」という方がいらっしゃいましたら、
竹屋にご来店いただくか、お電話いただければ、
まん我さん事務所に連絡しておきます。

NHKの演芸番組に出演されるなど、
これからますます活躍が期待される、実力派落語家の高座。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
スポンサーサイト

【参加者募集】 もとえさんの竹細工教室  

好評だった、前回の竹細工教室の茶杓づくりに続き、
第2弾を開催します。

先日、クラフト広坂で行われた「加賀竹芸展」で売れ筋だった、
オシャレな「竹のペーパーナイフ」の制作体験を行います。

いま画像がないのが残念ですが、
「たまゆら」と名づけられたその作品は、
竹に結ばれた、色とりどりの石がゆらめき、
手紙の封を切るたびに、さまざまな思いを運んできてくれます。

講師は、竹屋でもおなじみで、
日本伝統工芸展など数々の受賞歴がある、竹芸作家・本江和美さんです。

体験後は、美味しい和菓子とお茶をいただきながら、
竹についてのお話もあります。
ペーパーナイフは、「竹のかんざし」に制作変更することも可能です。


 「もとえさんの竹細工教室 
        竹のペーパーナイフをいっしょに作る講座」

●日 時  12月14日(日) 15:00~ 2時間程度
●場 所  喫茶竹屋
●講 師  竹芸作家 本江和美
●費 用  3500円(材料費・お茶とお菓子込み)
●持ち物  切り出しナイフ(カッターは不可)
●定 員  4~6名程度 (要電話予約)
●申込み  喫茶竹屋 076-221-5030

お菓子なお茶会 こんな感じでした 

やっと画像をパソコンにとりこんだので、
当日の模様をすこしご紹介したいと思います。

松声庵という茶室は、地元でもあまり知られておらず、
住宅街のなかにひっそりと佇んでいます。
それだけに静かで、まるで外の雨音が聞こえてくるようでした。

型にとらわれない、気軽なお茶会でしたけれど、
茶室という特別な空間の、ほどよい緊張感が、
私とつづらさんと、お客様だけの特別な空気と時間を
作り上げていた気がします。

茶室

↑さて、最初にお出ししたのが、主菓子2種とお干菓子です。
とくに心をつかんだのが、柿のきんとん。
左の写真のモコモコしている生菓子のほうです。

口に近づけると、ほんのりと柿の香りを醸し、
しっかりとした味がするのに、口どけは軽やか。

主菓子が2種というのは、通常のお茶会では考えられないのですが、
すべてペロリと食べてしまえるほど、あっさりしていました。

お汁粉

続いて登場したのが、「百合根の汁粉」と「柿なますと昆布佃煮」。
汁粉の中に餅がはいった、やさしい味。
甘いものが続いても、どんどん胃の中に入ってしまうから不思議です。
(ちなみに柿なますは私が担当しました。。。)

その後は、ご飯物と香の物、加賀棒茶で締めくくりました。

どの一品も好評で、マクロビオティックってすごい!という声が多数。
体にやさしくて美味しいマクロビオティックの世界に、
たくさんの参加者の方が驚かれたようです。

素材の味を自然な方法で引き出し、かつ美味しく。
へんな調味料でごまかさず、素材の力を引き出した逸品は、
つづらさんの腕が確かだからでしょう。


これに気をよくして、第2回も考えております。えへ。
もしご興味を持った方がおられましたら、
次回、ぜひご参加くださいませね。

今度は桜が見える茶室で、花見茶会なんていうのもいいな☆
[ 2008/11/25 ] 日々の出来事 | TB(0) | CM(0)

第8回 ゆるりら季節の紅茶教室レポート 

第8回 季節の紅茶教室のテーマは、
「ティーパーティーにお呼ばれしたときのマナー」でした。

今回は少しかしこまって、
フォーク&ナイフのセッティングがあったり、
9種の素敵なティーカップから各自選んだりして。
お花もいつもより華やかなもので演出しました。

ウェルカムティーは、フレッシュなりんごをたっぷり使ったアップルティー。
白ワインがほんのり香る、風味豊かなお味でした。
いい気分に浸りながら、授業がスタートしました。

『不思議の国のアリス』や『ハリーポッター』など、物語に出てくる
紅茶のシーンから、紅茶の文化や歴史をひも解いたり、
女性の間で流行したという“紅茶占い”に挑戦したりして。
紅茶の奥深さにふれたひとときでした。

紅茶教室

さて、今回のお菓子は、島田先生より指定がありました。
スコーン2種(プレーンと干しぶどう)と
イギリスのヨークシャー地方の伝統菓子「ブランデースナップ」。

イギリスでは、スコーンとミルクティーの組み合わせは
「クリームティー」と呼ばれ、定番のスタイル。
スコーンの食べ方や、クロテッドクリームとジャムの
美味しいいただき方を伝授していただきました。

これで紅茶専門店でクリームティーを注文しても、怖くありませんね(笑)

ちなみに「ブランデースナップ」は生姜がきいていて、
まるで柴舟のようなお味です。 
香ばしくて美味しい!
簡単なのに美味しいのは、イギリス菓子の特徴ですね。

本日は、お菓子なお茶会なり 

「お菓子なお茶会 ~秋のお愉しみ~」を
無事に終えることができました。

ギリギリまで準備がかかり、
心を落ち着ける間もなくスタートしたので、
一席目の直前まで、ほんとにドキドキでした。

けれども、一席目のお客さまはお顔馴染みの皆様。
温かく迎えてくださったおかげで、
こちらの緊張もほぐれ、和やかな席となりました。

そして本当に嬉しかったのが、たった60分程度の時間でしたのに、
  「幸せなひと時でした」
  「ゆったり。ほっこり。時を忘れるぐらい、楽しかったです」
  「お菓子も料理も最高においしかった!」
  「お茶会の雰囲気がよかった」
  「日常を忘れ、別世界で遊んだ気分です」
というご感想を皆様からいただけたこと。

ご満足いただけて、ほっとしました~。

わたしも「つづらのわがし」さんのお菓子をいただきましたが、
素材の味はちゃんとするのに、優しい味で、もたれない。
何個でもペロリいけそうな美味しさでした。

今回はすべてがオリジナル。
味も見た目もかわいくて、美味しい和菓子、
そのお姿は、あらためてご紹介させていただきますね。
(まだ画像をパソコンに取り込んでなくて・・・)

つづきは、また。
[ 2008/11/24 ] 日々の出来事 | TB(0) | CM(0)

夜の片町にて 

友人とお食事しに入った片町のスペイン料理店。
昨日はどしゃ降りの寒々しい天気でしたが、
店内は熱気でムンムン。

    アロス
    ↑
  パエリヤ「海の幸、山の幸」(1人前1900円)
  魚介の旨みが米に凝縮されて美味!

外国人のお客さんがいたり、カウンターには常連さんが
ズラリと並んでいたりと、大賑わいでした。
不景気のとき、こういう活気のあるお店に入ると、
なんだか元気をいただけます。

CAAK 寺町の町家にて 

金沢アートプラットホームのイベントのひとつで、
アート集団「CAAK」主宰の寺町の町家で開催されている
「彌永秀一展 空庭 カラニワ」

会期中、会場にて能美市のお菓子屋「うづらや」さんが
カフェを出店されています。
卵、乳製品不使用、国産小麦使用のお菓子は、
どれも素朴でじわじわ美味しさがこみあげてきます。

心と体を温める、ほっこりとした時間をお約束します。

  うづらや

開催日:~11月16日(日)
営業時間: 13時~18時30分
会場:CAAK寺町の町家  金沢市寺町2-3-4
    (寺町大通り沿い、ファミリーマート隣)

中国雲南のお茶の会レポート 

先日、当店にて行われた「中国雲南のお茶を楽しむ会」。
銀の芽紅茶店さんの主宰で、福井から講師の方をお招きして
開催されました。

参加者は老若男女でバラエティー豊かなメンバー。
講座がスタートしてすぐに質問が飛び交う、熱い教室になりました。

講師の五井美紀先生は、日本茶インストラクターであり、
協会の福井県支部長を務めるほど知識と実績のある方。
どんな質問にも的確に、誠実にお答えになる姿は、
「さすが!」のひと言。

  雲南茶の会

今回は、五井先生が雲南から持ち帰られた
貴重なプーアール茶2種(生茶、熟茶)と、青茶、雲南紅茶3種をいただきました。

なかでもプーアール茶は、古茶樹と呼ばれる樹齢数百年の
お茶の樹から採取したもの。
そう聞くと、なんだか中国の大河ロマンを感じさせる味わいでした(ほんまかい!)。
しかし冗談は抜きにして、青茶の美味しさには脱帽でした。

授業はお茶の試飲のほか、お茶の発祥、現地の民族衣装や生活など、
興味深いお話が盛りだくさん。
大充実の2時間でした!

五井先生、今度は玉露や新茶を楽しむ会、よろしくお願い致します!

加賀竹芸 作品展 盛況です! 

先月末から始まっている「加賀竹芸 ~橋本仙雪・本江和美 作品展」。
おかげさまで、連日多くの方にご来場いただいております。

師弟関係にあたる2人が出演し、NHKで放映された
番組『金とく 日本伝統工芸展』(10/31放送)の影響もあり、
県立美術館からクラフト広坂へはしごする方が多かったようです。

  加賀竹芸展 竹芸展

9日が最終日となっております。
全国でも数少ない竹芸作家の珠玉の作品を、
この機会にどうぞご覧下さいませ。

日時 :10月30日~11月9日(日) 11:00~17:00
場所 :クラフト広坂 (能楽美術館となり)
協力 :喫茶竹屋


  ≪御 礼≫
加賀竹芸 作品展は、11月9日に終了いたしました。
たくさんの方にご来場いただき、心から感謝しております。
なお、橋本仙雪の作品は、当店で常設展示しています。
また本江和美さんの作品は、クラフト広坂1Fにて常時販売されています。
引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

「お菓子なお茶会」開催します 

    「お菓子なお茶会 -秋のお愉しみ-」

秋の休日、静かな茶室で、マクロビオティックをベースにした
和菓子の菓子懐石を愉しみませんか。
型にとらわれない気楽なお茶会です。
茶事は初めてという方も、どうぞお気軽にお越しください。

日時 : 11月24日(祝・月)  ①10:30~11:20 満席
                    ②12:30~13:20 満席
                    ③13:40~14:30 満席
                    ④14:50~15:40  △

場所 : 茶室「松声庵(しょうせいあん)」 金沢市高岡町10-25
          ※駐車スペースに限りがございますので、
            なるべく公共交通機関でお越し下さい。
            近くの松ヶ枝福祉会館に駐車することも可能です。
料金 : 2500円
定員 : 各回 6名様 (事前予約制)
申込み・問い合わせ : 喫茶竹屋     076-221-5030
               つづらのわがし 070-6482-9485

本格的な茶会とは異なります。
カフェと和菓子屋さんが主宰する、お菓子とお茶を楽しむ気楽なお茶会です。
茶道はまったく知らないという方、大歓迎です。
ぜひご参加くださいませ。
[ 2008/11/05 ] お知らせ | TB(0) | CM(1)

九谷焼カフェ 

大聖寺駅から徒歩5分ほどにある
「九谷焼ミュージアム」内にあるカフェ。

九谷カフェ

オリジナルの泡立て珈琲(400円)とロールケーキ(200円)。

器はもちろん九谷焼。
秋の木の葉や小さな落雁が添えてあったりと、
心にくい演出がうれしいですね。

きらきらの時間 

加賀は大聖寺の、とある大きな町家で開催された
イベントに行って参りました。

「きらきらの時間」というイベント名のとおり、
素材にこだわったパン屋さん、お弁当屋さん、紅茶屋さん、鮮魚店、
石けん屋さんなど、個性きらめく個人商店が大集合していましたよ。

  きらきらの時間
                    (玄命庵さんの玄米弁当)

それぞれにこだわりを感じるお店作りで、
すごく刺激を受けました。
1つ1つ見るのに夢中になって、あっという間に時間が過ぎてしまって、
まさに「きらきらの時間」でした☆

参加店はおもに加賀・小松のお店が中心。
さいきん、加賀が熱いですね。金沢負けてますね・・・。

町家巡遊にて 

10月から11月の初旬にかけて、
金澤町家研究会主催による「町家巡遊」というイベントがありました。

町家の暮らしや人、伝統の業に触れるこのイベントは、
金沢の奥深さを知ることができる、とても興味深いものでした。

わたしは、11月1日の茶釜師・宮崎寒雉さんのお宅で
町家の暮らしや仕事についてのお話を聞く会に参加しました。

   宮崎寒雉さん

宮崎寒雉さんは、加賀藩前田家につかえた茶釜師で、現在は14代目。
主だった茶会では、必ずといっていいほど使われています。

写真の釜はなんと、300年以上前に初代が作られたものだそう。
(左から柏釜、矢筈釜)

宮崎さんは、気さくでとっても爽やかなお人柄でした。
家を継ぐときに心が揺らいだことや、
会心の釜を作り上げたときのお話を聞きながら
いろんな刺激をいただきました。

こんなすごい方のお話をそばで聞く機会はめったにないですし(しかもお宅で!)、
また来年も開催してほしいと思います。
プロフィール

たけや

Author:たけや
喫茶竹屋

住所  〒920-0912
     金沢市大手町6-1
    (金沢地方裁判所前)
TEL   076(221)5030
営業時間 火曜〜金曜 10:00~17:30
定休日 土・日・月曜、祝日
      
駐車場 2 台
※全席禁煙
※全13席、予約可、カード不可

facebookも随時更新中!




☆ランチタイム12:00~14:00
 ・温玉カレーセット1000円~
 ・オムライス800円 etc

☆水・木・金限定(12時~売切)
 竹屋のお昼ごはん定食 ご予約承ります。

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。