金沢コトポロン *** カフェ+竹芸ギャラリー 喫茶竹屋 ***

こちらは、兼六園のそばにある小さな喫茶店 「竹屋」です 。 古都・金沢でみつけた日々の “とっておき” を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金沢のひな祭り 


いつもオリジナルの竹屋アイテムをプレゼントしてくれる

工作好きのお客さまから、すんばらしいものを頂きました。



な、なんと、竹屋の金花糖!


金花糖といえば、金沢のひな祭りには欠かせないもの。

鯛や蕪、松茸にまじって、竹屋が埋もれています。笑

辻占まで作っているこだわりぶり。


ちなみに、型があるので鯛は量産できるそうです。


スポンサーサイト

かわいいぜ! 能登上布 


能登上布の織の職人である知人が、はぎれの即売会を開いてくれました。

100種ほどありそうな豊富なパターンに一同、大興奮!

能登上布 選び中

能登上布

とくに絣の素朴でかわいい柄ものにノックアウトです。。


麻を糸にして染色し、手織りするまでに多大な手間暇がかかっている能登上布。

ナチュラルな色合いと温かみのある雰囲気は、手仕事ならではですよね。


竹籠の中袋にしたり、茶杓のお仕覆や菓子ようじケースも素敵だなあ。。

妄想はふくらむばかりです。

しょうゆの町・大野へ 


東京から友人が遊びにきたので、金沢を案内することに。

“発酵”の勉強をしている方だったので、
前々から気になっていた、ヤマト醤油味噌さんを訪ねました。

寝かせ玄米カレー

まずは、発酵食美人食堂で寝かせ玄米カレー(1000円)をいただきました。

量が少ないかと思いましたが、玄米がモチモチしていて
意外と食べ応えがありました。
お肉も柔らかく、奥深みのあるカレーでしたよ。

こちらでは、要予約で食べられる糀料理づくしのランチが人気のようです。

樽

つづいて、糀パーク内の見学ツアーに参加。

糀ドリンクいりの糀湯に手を浸しながら、糀菌の講義を受け、
糀と麹の違いや発酵食品の効能について教えていただいました。

野外では、大きな味噌樽や昔使われていた煙突を見学。

えんとつ

この煙突は大野のシンボル的存在かも。

一日一糀

人気のショッピングコーナー。

ヤマトさんイチオシの商品、飲む美容液「一日一糀」。
熱をとおしていないので、生きた糀菌を摂取できるスペシャル酵素ドリンクです。
オレンジ味の濃いヤクルトみたいな味。
毎日飲んでいたら、すごいことになりそうです。

糀湯体験のお湯のなかに、こちらのドリンクが3本投入されているそうです。

しょうゆソフト

バカ売れしていた醤油ソフト(350円)。

コーンはくせものでしたが、ソフト部分はコクのある味わいでした。
定番商品のひしほ醤油が使われているそうです。





黒門小路@めいてつエムザ 


オープンしてしばらく経った、めいてつエムザの黒門小路に行ってきました。

あらためて見ると、全体的に城下町の雰囲気なんだと気付きました。

改装したスターバックスも城壁のような演出で調和しているし、
金沢駅「あんと」とは違った、シックな和風モダンの空間です。

エムザ

感心したのは、人間国宝10名の作品を観覧できるスペースです。
さながらミニ美術館のよう。
これは石川県で生まれ育っていながら、人間国宝を誰一人知らないという方におすすめですね。
そばには大樋美術館のコーナーもありました。

研鑽をつんだ若手工芸家からベテランまでの作品販売のほか、
北陸の伝統工芸の要素をとりいれたデザイン商品の販売、
キャラクターストラップのようなベタなお土産品もあったり、
さまざまな客層のニーズを上手く展開していると思いました。

バラ売りのお菓子を好きなように詰められる箱売り販売
「金澤づつみ」というのもユニークですよね。

黒門小路の真ん中にあるカフェスペースは、スタイリッシュなのに良心価格。
(珈琲が350円ぐらいだったかな?)
案内所のスタッフさんは着物姿の物腰柔らかな女性たち。

ただ単に物を売って、売り上げを伸ばすというのではなく、
石川や北陸のことを知ってもらいたいという気持ちがベースにあるのが
とてもよく伝わってきました。

これから訪れるたくさんの観光客の皆さんに、その気持ちが届いてほしいと思います。






小粋な和紙を探しに・・・ 

いつも和紙を使って素敵な手紙をくれる知人に、
こちらも何か気のきいた「紙」で返信したい・・・

「紙」で思い浮かぶのは、近江町いちば内にある「紙文房 あらき」さん。

石川県には二俣和紙をはじめとする和紙が数種類ありますが、
こちらは全国の選りすぐりの和紙が揃えられています。

ポストカードやぽち袋、一筆箋などなど。
見ているだけで楽しいです。

おかげさまで個性的な和紙のカードを見つけられました(^u^)

あらき

目を引いたのは、和紙コーナーに置かれた水引のパーツたち。

スタッフさんに使い方を尋ねたところ、
のしにボンドでくっつけたり、ひもを通して贈り物にとりつけたり。

一つ数十円なのに、これひとつでお洒落度アップですね(*^_^*)
外国の観光客にも人気が高いそうですよ!


きょうのお昼ごはん 

久々のご紹介。

水木金曜でご提供している、「竹屋のきょうのお昼ごはん」。

今日のお昼ご飯

見事に野菜だらけになってしまいました(o^∀^o;)
(・・・かぶら蒸しは白身魚のすり身を使っていますが)

最近は外国人のお客さまも増え、定食を食べていただくことも。
皆さん、上手にお箸を使われますね。
日本食の味つけがお口にあうようで嬉しいです。

先日こられた千葉のご夫婦は、野菜の味が濃いと感動されていました。
石川県産の旬の野菜ですから、鮮度もよいですしね。

今後も、「ほっ」とするようなお食事を作っていきたいです。
それにしても、お料理は奥が深い!
毎日勉強!

ミュージアムショップ@金沢能楽堂美術館 

金沢能楽美術館のミュージアムショップでは、
私も所属している金沢工芸研究会による作品が並びます。

今月のテーマは、「首廻りのお洒落」。

漆
漆芸の西村松逸さんの個性的なネックレス。

能楽美術館
手前左が高田千春さんの加賀繍の半襟、蝶ネクタイ。
右が田中いずみさんの加賀象嵌によるペンダントトップ。

能登上布
尾西さちえさんの能登上布のストール。

金沢の伝統工芸を生かしたモダンな作品たち。
どれも、一点もので、おすすめの逸品です。

ショップゾーンは無料なので、ぜひのぞいてみてください。

箔貼り体験に行ってきました。 

金沢といえば「金箔」というイメージが強いようです。

それはもう、全国シェア90%以上を誇りますからね。
市内には金箔メーカーさんが数社あり、
その身近さゆえ、さほど興味がなかったのですが・・・

最近、金箔を使った商品だけではなく、
金箔そのものが店頭に普通に置いてあり、購入できると知り、
むくむくと金箔に興味がわいてきました。

金箔を使って、何か制作に活かせるかもしれない。

まずは箔打ち体験に行かなくては・・・・・・!

箔打ち体験

いろんな箔貼りメニューがある、幸町の「今井金箔」さんでお世話になりました。

最初に金箔についての紹介があり、食用の金箔を食べさせてもらい、
それから箔貼りする商品を選びます。
トートバッグも可愛かったですが、人気no1というミラースタンドを選択。

決まった絵柄なのかと思いきや、まったく自由。
どうしても浮かばない場合は、マスキングテープをただ貼ったり、
作品例のイラストを使用したりします。

思いつきで行ったので、まったくのノープラン!
苦心して何とか生み出したのがコチラです↓

作品

花?鳥?ヒトデ?
一応、マリメッコ風のお花のつもりです。(照)

「砂子」という技法を使って、太陽の光がさんさんと降りそそぐような
雰囲気に仕上げてみました。

最初はどうなるか不安だったので、達成感がはんぱないです。
愛着もひとしお。
これは、観光客の方におすすめですね。

今後も、今井金箔さんにお世話になりそうです。




ミュージアムショップ@能楽美術館 


わたしも制作に参加している、
能楽美術館のミュージアムショップの商品が入れ替わりました。
(今回は、出品していません)

ミュージアムショップ

苔を模したユニークな漆芸のブローチや
能楽を題材にした象嵌のアクセサリーなど、
ここでしか手に入らない1点ものばかり。

能楽美術館

展示販売は、10月6日ごろまで。

無料ゾーンなので、ぜひ美術館内に入ってご覧ください。


和紙アイテム「kamiwaza」 

先日、和紙を買いにうかがった和紙製造問屋の浅倉さんで、
ユニークな金沢的アイテムを発見!

その名も「kamiwaza」。
特殊加工された和紙を使ったIDカードケースや名刺入れ、ストラップなど
数種類のアイテムがあります。

kamiwaza.jpg

浅倉さんでは、外部のプロダクトデザイナーと協力して、
和紙のさまざまな可能性を模索し、商品化されています。

濡れない和紙の食器や花器など、
テレビで紹介されたのをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

現状に甘んじず、時代を柔軟にとらえて形にする姿勢や努力は、
学ぶべきところだと思いました。

↓商品はコチラでも購入できます↓
http://wabist.com/ec/company?cid=73
プロフィール

たけや

Author:たけや
喫茶竹屋

住所  〒920-0912
     金沢市大手町6-1
    (金沢地方裁判所前)
TEL   076(221)5030
営業時間 火曜〜金曜 10:00~17:30
定休日 土・日・月曜、祝日
      
駐車場 2 台
※全席禁煙
※全13席、予約可、カード不可

facebookも随時更新中!




☆ランチタイム12:00~14:00
 ・温玉カレーセット1000円~
 ・オムライス800円 etc

☆水・木・金限定(12時~売切)
 竹屋のお昼ごはん定食 ご予約承ります。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。